equipment

設備概要

本社設備

機器名 台数
二次元レーザ加工機(三菱電機)炭酸ガスレーザ ML3015ex-60XF
レーザ自動化システム 30PCL-ex
1台
二次元レーザ加工機(三菱電機)ファイバレーザ ML3015ex-F60
レーザ自動化システム 30SCX-ex-F
1台
プレスブレーキ(村田機械)BH25030 1台
プレスブレーキ(コマツ産機)PAS5012 1台
バリ取り機(エステーリンク)メタルエステ1000 3台
大型ストッカー(北川精機株式会社)KSP-4812
12段ストッカー、1パレMAX2TON
2台
溶接機 ダイヘン M350L 1台
溶接機 ダイヘン A500P 1台
ボール盤 2台
3次元CAD/CAM
2次元CAD/CAM

第二工場設備

機器名 台数
三次元レーザ加工機(Mazak)ヤマザキマザック株式会社
炭酸ガスレーザ SPACE GEAR-510MKⅡ
1台
5軸加工機(Mazak)VARIAXIS 630-5X ⅡT 1台
複合加工機 INTEGREX i-200 1台
NCガントリー加工機(サワイリエンジニアリング)
SWMG3015-SA-24TC+2ATC
1台
バンドソー(COSEN)C-650MNC
3次元CAD/CAM
2次元CAD/CAM

設備内容

二次元レーザ加工機(三菱電機)炭酸ガスレーザ ML3015ex-60XF・レーザ自動化システム 30PCL-ex

作業スピードの速さ、連続使用に耐えうる安定性、操作する側の利便性を追求した操作性。必要条件がすべて揃った二次元レーザ加工機です。
注目すべきは、光沢と輝きのあるブリリアントカットが可能な事。今までの切断面にはない鮮やかさ、キメの細かさを実現することで、加工の用途が一気に拡大します。
また、高出力を活かしSUS、SS共に最大25mmまでの連続加工が可能です。

テーブルサイズ

3048×1524

切断加工範囲

SUS:25t
SS:25t
AL:15t

二次元レーザ加工機(三菱電機)ファイバレーザ ML3015ex-F 60

作業スピードの速さ、連続使用に耐えうる安定性、操作する側の利便性を追求した操作性。ファイバレーザとの融合が、薄板から厚板までの幅広い加工領域を実現しています。
新開発の加工ヘッド『ズームヘッド』の搭載により、材質・板厚に応じてビームを最適制御し、連続での異なる材質・板厚の自動加工を可能にしています。
アルミ25mm・真鍮15mm・銅10mmなど、今まで炭酸ガスレーザでは加工が難しいところまで連続加工が可能です。
また、薄板SUS鋼板の加工速度も炭酸ガスレーザに比べ格段にアップして短納期にも対応可能となっております。

テーブルサイズ

3048×1524

加工範囲

SUS:25t
SS:25t
AL:25t
銅:10t
真鍮:15t

レーザ自動化システム 30SCX-ex-F

レーザ加工機用シートチェンジ・パレットチェンジ兼用ストッカです。
自動化によって、生産効率のアップや省人化・納期の短縮を実現。中厚板・厚板はパレットチェンジ、薄板の量産切断はシートチェンジで加工します。
24時間稼働可能で、2台のレーザ加工機に併設されており、短納期対応可能な自動化システムを備えております。
3048×1524の鋼板が入るパレット10段使用可能です。

プレスブレーキ(村田機械)BH25030

ステンレスや鋼板・アルミなど、薄い板金素材を曲げるのに使う板金機械です。
上下に往復運動を行うプレス部分に金型(上型、パンチともいう)を取り付け、受け側にも金型(下型、ダイともいう)を取り付けます。
この上下運動で生じる加圧の力と、素材の厚さ・曲げたい角度に合った金型を組み合わせることによって、思い通りの角度に曲げる(折る)ことができます。
6mmの鋼板最大3メートルまで曲げ加工が可能です。また、R曲げ加工・丸棒16φの曲げ加工も可能となっております。

プレスブレーキ(コマツ産機)PAS5012

小型のプレスブレーキです。
小さい製品や、複雑な形状の曲げ加工が可能です。操作性に優れており、大量生産加工にも適しております。
また、当社独自の加工技術により、製品に曲げ傷が入らないように加工することも可能となっております。

バリ取り機(エステーリンク)メタルエステ1000

レーザ加工品の切断面の後処理を行う機械で、軽い面取りした仕上げが可能です。
手作業ではできないところまで、均一に美しく仕上げます。
コンベアーに製品を乗せるだけで、6本の研磨ブラシ(ペーパー)によるバリ取りで、二次バリが発生しません。研磨ブラシ(ペーパー)でバリをたたく(なでる)バリ取り方法です。バリを押し付けて潰す方法や、削り落とす方法に比べてキズが付きにくく、二次バリの発生がありません。
加工範囲は、有効幅20~1,000mm、板厚40mmとなっております。

ボール盤

ボール盤は、主に工作物に穴をあけるために使用される工作機械です。
モータにより回転する主軸にドリルを取り付け、軸方向にドリルを上下させて加工を行います。ボール盤では穴開け加工のほか、穴径を広げるリーマ加工、めねじを切るタップ加工などが可能です。

NCガントリー加工機(サワイリエンジニアリング)

今までボール盤で加工を行っていたベースプレートなどの厚板の穴開けタップ皿ザクリ加工を、加工テーブルにセットして作成したデータを基に、加工するマシンです。
テーブルサイズは1500×3000となっており、テーブルサイズまでの製品であれば加工可能となっております。
SS・SUS・ALMなど支給材からの加工も可能となっております。今までボール盤で加工を行っていたベースプレートなどの厚板の穴開けタップ皿ザクリ加工を、加工テーブルにセットして作成したデータを基に、加工するマシンです。

テーブルサイズ

1500×3000

ストローク

X:3400
Y:1900
Z:500

工具数

24本+2本

クランクパイプ開口

1315×6台
(形状・加工・ワークによって加工不可有)

大型ストッカー(北川精機株式会社)KSP-4812 12段ストッカー・KSP-4812 1パレMAX2TON

材料をストックするためのストッカーです。作業効率の向上に役立っています。

5軸加工機(Mazak)VARIAXIS 630-5X ⅡT

マシニングセンタは、自動工具交換機能をもち、目的に合わせてフライス削り・中ぐり・穴あけ・ねじ立てなどの異種の加工を1台で行うことができる数値制御工作機械です。工具マガジンには多数の切削工具を格納し、コンピュータ数値制御(CNC)の指令によって、自動的に加工を行うことが可能なマシンです。

テーブルサイズ

630φ
最大ワーク730φ
高さ500mm
重さ500kg

装着工具

30本
(形状・加工・ワークによって加工不可有)

複合加工機(INTERGREX)

複合加工機とは、従来におけるNC旋盤の持つ機能と、MC(マシニングセンタ)が持つ機能の両方を持ち合わせている工作機械です。機会を複合化することにより、一台の工作機能で、すべての加工を終えることが可能になっています。
従来のNC旋盤の機能を新たにスピンドルのインデックス化、すなわち任意の角度でスピンドルを停止させることができる機能を加え、さらにスピンドルとは別に、フライス加工専用のミリングスピンドルがついたものです。
また、マシニングセンタのように、加工工具をATCにて交換可能なもの、あるいはNC旋盤のターレットに回転工具を装備させることでミリングを可能にします。

最大長さ

1000

最大回転数ミリング

12000

最大径

650

主軸

12000

工具数

36本
(形状・加工・ワークによって加工不可有)

三次元レーザ加工機(Mazak)ヤマザキマザック株式会社 炭酸ガスレーザ SPACE GEAR-510MKⅡ

パイプ・アングル、チャンネル・絞り・鏡板など、今まで機械加工および手作業で行っていた加工を、6軸3次元加工機を使用することにより、今まで手作業で空けていた穴あけ切欠きなどを、データ通りの加工が可能です。
丸パイプであれば10φから300Aまで、角パイプであれば200×200などのサイズも加工が可能です。長さに置きましては、加工内容によりますが、短いものから長いものまでですと5000mmくらいまで加工可能です。また、ボックスなどの箱もの、800φの鏡板などもデータ通りに加工いたします。

テーブルサイズ

3048×1524

加工範囲

丸パイプ:10φ~300A(SS12mm・SUS12mmまで)
角パイプ:200×200
アングル・チャンネル:5000mm(加工内容による)

バンドソー(COSEN)

のこぎりの刃を円形状(帯状)にした鋸刃を高速で回転させて、金属を切断する電動工具をバンドソーといいます。バンドソーは、別の呼称で帯鋸盤とも呼ばれています。丸棒やパイプ・鋼材などの素材を、加工サイズに切断することが可能です。
また、自動運転による寸法出し加工可能で、無人による連続加工も可能です。60度までの角度切断にも対応しております。

加工範囲

0度 丸物:420φ 角鋼380×650
45度 丸物:400φ 角鋼400×400
60度 丸物:250φ 角鋼400×250

お問い合わせ 電話する